妊娠前・妊活中の葉酸サプリの必要性と摂取推奨量

妊娠前・妊活中の葉酸サプリの必要性と摂取推奨量

 

葉酸はビタミンB群のひとつで、水溶性ビタミンです。厚生労働省は2002年から配布される母子手帳に、葉酸摂取の必要性についての記載を追加しています。葉酸は核酸の合成の時に補酵素として作用し、核酸の生成には不可欠な栄養素となります。そのため葉酸が不足すると遺伝情報を伝える核酸が正常に作られなくなってしまうため、妊娠前から妊娠初期の細胞分裂が盛んな時期に不足すると胎児に神経管閉鎖障害などの先天性疾患が起こりやすくなります。またこの時期は細胞分裂が盛んなため、消費量も約2倍以上に増加し、更に不足しやすくなります。葉酸は緑黄色野菜やレバ―、豆類に多く含まれていますが、熱に弱く調理すると壊れやすくなります。また体内での吸収率も悪いため、食事だけで摂取する事が難しく葉酸サプリとして摂取する事が推奨されています。葉酸の摂取推奨量は、妊娠前1か月から妊娠3か月の細胞分裂が盛んな時期は1日400ugとしています。また葉酸は造血にも関係しているため、妊娠中期から授乳中も200~300ug程度は摂取する事が良いとされています。水溶性ビタミンなので余った分は尿中に排泄されますが、1日1000ug以上の摂取はしないように呼びかけていますので過剰摂取にも注意が必要です。