泣けるラブストーリー

 

バブルの頃に流行ったような、展開の予想が半ばわかる感じの、コテコテのラブストーリー。今では、日本のドラマは、ストーリーがスマートになってしまって、いかにもな展開のドラマを求めると、韓国ドラマに行き着くことが多い。話の展開は単純でもいいから、とにかくこれぞラブストーリー、これを見て大泣きできる!というドラマを求めている私。年末のクールになれば、クリスマス絡みのドラマも多くなるから、コテコテのドラマも期待したいです

 

デート ~恋とはどんなものかしら~

 

久々に私好みのドラマ、「デート ~恋とはどんなものかしら~」。理系の超エリート女子を演じる杏と、変わり者の役なら右に出るものがいないほどマッチしてしまう長谷川とのやりとりが最高に面白い。ドラマのクールでは、きれいなエンディングになったけれども、まだまだ続きがあってもおかしくはないストーリー展開だと思ったら、特別編を先日テレビでやってくれたり♪それでもまだ続きがありそうなストーリー。これからも続編を期待したいな♪♪

 

アンフェア

 

もう映画も完結してしまったから、続編のストーリーはないけれども、やっぱりドラマが一番面白かったな。アンフェアを見てから、篠原涼子の印象もすっかり変わったし。あのドラマのあたりから、彼女の女優としての才能も開花したよね。その頃、今のご主人との出会いもあったのかしら。あれくらい誰しもが怪しくて、最後の最後まで犯人がわからないドラマ、あれから出会ってないな。毎週ドキドキ待てるようなドラマにまた出会いたいな。

 

セカンドバージン

 

今や変人の役をやらせたら、この人ほどハマる人はいないだろうという長谷川博己。NHKのセカンドバージンで、個性派だけでなく、イケメンという名声を確立したように感じる。確かに、それまでも変わり者の役でよく見かけたけれども、名前を知るまでの俳優ではなかった。毎週彼を見るたびに、夜ドキドキしていたアラフォー世代が多かったに違いないと思う。共演した鈴木京香とのシーンのドキドキ度は特にすごかったんだけど、やはりリアル恋人になる展開は出来上がっていたのだと思う。

 

年末のドラマ

 

毎年、その年の話題ドラマや、視聴率が高かったドラマは、年末のクールに放送されたドラマが多いように感じる。実際、分配される予算も、年末のクールは多めだとも聞いたことがあるような。年末のクールのドラマは、10月から大体始まるけど、今年はどんなドラマが始まるのかな。まだチェックしていないけれども、いくつかは見たいと思えるドラマがありそうな予感。個人的には、クリスマスもちょっと入った感じのラブストーリーがいいな♪